スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回文学フリマ 読書感想文① C-34・御都合主義社さん 『御都合主義社 vol.3』 その1

先日11月4日、東京都の東京流通センターで開催された、第17回文学フリマに楽しく参加してきました!


雨が降ったりやんだりの中、多くの方が来場されてましたね。カレー屋さんも大人気だったが、告知せずに半額セールとかするんじゃねぇよ! 買い逃した、作戦ミスだぜ!

まあ、定価で買いなさいってお話です。日本人、カレー大好きーっ!


どうでもいい事から吠えて始めましたが、私が購入した本の感想文をブログに書くって前回の感想やツイッターでも言っちゃったkら、書くのさ。今回購入したのは4冊です(1冊増えた!)基本的に、分量の少ないものから読んでいきます。御馳走はメインディッシュさ!

じゃあ、やるか……マジで?



(注=あくまで個人的感想です。また、作品のネタバレが普通に入っちゃいます。思いのまま書き記したいので推敲も行わないから、誤字・脱字があるでしょう。すべて含めて、こんなやつだとご了承ください)


①C-34 御都合主義社さん 「御都合主義社 vol.3」

ぶっちゃけた話、C-35の『DAISY CHAIN制作委員会』さんで本買って、その隣にあったから目について立ち読みしたのがきっかけです。スタスタ歩く中だったら、スルーしていたかもしれない。やったね御都合主義社さん!

作品はオムニバス短編集。綺麗なデザイン・装丁の表紙にある、3枚の写真。それぞれの情景をテーマに、計9作品。装丁に立ち止り、中身を立ち読みして、1番最初の話のノリが好きで購入決意。せっかくなので、1個ずつ紹介と感想を簡略に書いてみよう。御都合主義社の誰かが見てくれたら微笑んでくれるやろうなという、御都合主義の元に。

まあ、いいことばかり書いてないけどね!(何)


1話 オセロ 雪春香さん テーマ・室内灯(電灯)の写真
=買うきっかけになった作品。短いお話の中で、コミカルに、シニカルに、ある男女の関係が描かれている。昔の男友達と会うだけで焦る男に、呆れる女。性格的には逆だけど、性欲的にはどっちも獣(笑) 過去の男と会うという話だけで1人焦って取り乱しながら、勃起する男。それを『懲りていない』といい、ベッドルームへ向かう女。全てが日常的な変態たち。それをあっさりと、女性目線で描かれているのがよかった。性にあけすけな女性は嫌いじゃないけど、それが濃すぎたり薄すぎたりするのは嫌い。どっちもいやらしいから。けど、この女性にはそれがないし、女々しさを見せながら雄々しさを見せる男を受け入れながら、過去の男達も気にせず受け入れる、気持ちがぶれない。けど、いっぺんにこられたら、せわしなくって疲れちゃう……とか、なんだろう、隠語が清々しい。
いい喜劇だ、舞台で演じてみたら味がより出そう。面白い。

って、全然簡略じゃないですかーっ! じぇじぇじぇっ!
次からは短くさせて下さい! せわしくなって疲れちゃう!

2話 フィラメント 八月十九日さん テーマ・室内灯(電灯)の写真
=春香さんと同じテーマ。それでいて、男女の物語。けど、こっちは静寂で、純粋だ。純粋に、関係が落ち込んでいくお話。気づけば一緒に暮らしだした2人は、気づけば離れてしまえる。そのきっかけやストーリー自体はベタ。けど、それに気づくきっかけがあった事を静かに後悔する男性の、静かな落ち込みと懐かしみの描写がうまい。もうちょっと、前後や情景を掘り下げてもよかったかも。

3話 蛾 武井宏樹さん テーマ・室内灯(電灯)の写真
=より深く落ち込んでいく男のお話。おい、どんどん暗くなるぞ(笑) 挫折し、室内にほぼ引きこもってしまう生活に落ち込み、抜け出そうともできずに、ただ電灯の周りを舞う蛾を見つめる日々。蛾に自分を投影する中で、光を目指す自分を見つけたかったのか。蛾が舞い落ち、やがて死に至るまでを見つめる中で届く、故郷からの電報。破り捨てながら、蛾の死体を電灯の紐に結んで舞わせる男の未来が、見えない。これは、良い意味で、好きな描写。しかし、全体的に省きすぎて、ぼやかし過ぎかも。

4話 光 ひろしまさん テーマ・室内灯(電灯)の写真
=室内灯テーマの最後は、より深く重く、死のお話。てか、皆話して決めているのかな? 内容がどんどんと……てか、虫が被るのは意外だ。電灯の周りを飛ぶ虫を、動けない体で見つめるだけなのを嘆く男性。こうしたい、でもできない、こうだろうか、それもわからない。ただ、布団の上で朽ちていく、落ちていく……それだけなのを実感しながら、何も出来ないのは、カタカタと震える程におそろしい。これで1人暮らしじゃないとかだったら、余計に黒さを感じてしまうだろうな。


今日は疲れたので、こんなもんで勘弁してください……この48時間で41時間は起きてるんだぞ!

また明日、ニンッ!


テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

Author:M
訪問いただきありがとうございます。

M×H.Pのツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。