スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回文学フリマ 読書感想文③ E-01・雲上回廊さん 『幻視コレクション‐失われた一葉の架空‐』 その1

女の子「お父さんと『おかあさんといっしょ』見るのーっ!」

街中ですれ違いざまにありったけの思いを叫んだクソガキのお母さんに幸あれ。お父さんも、ならよかったのに。


先の記事から続き、ただの本好き素人が買った同人小説の感想文を書くだけですが何か?


②E-01 雲上回廊さん 「幻視コレクション‐失われた一葉の架空‐」その1

見本市で冒頭を読んで「これはよさそうだ」と思い、前回買って面白かった本の作者さん・高村暦さんが寄稿されていたので、見本市からすぐにE-01に行って買った。
なんかチョコっぽいお菓子をくれたのが、じんわりうれしかった。あのチョコっぽいお菓子はなんだったのか? チョコではない触感だが、味はチョコっぽかった。ではチョコか? お菓子一つの存在が僕の心をチョコとチョコっぽさで惑わせ、揺れ動かす……この本は、そんな心の揺れ動きからくる幻想と妄想の世界観を舞台様々にとてもうまく描いた掌編を5本まとめた作品集です。チョコってすごい!



















じゃあ感想はじめまーす。


(注=あくまで個人的感想です。また、作品のネタバレが普通に入っちゃいます。思いのまま書き記したいので推敲も行わないから、誤字・脱字があるでしょう。すべて含めて、こんなやつだとご了承ください)


1話 Burning with Desire 著:はるかかなたさん
とりあえず、師匠って呼ばせてください、海原的な意味で。冒頭に編集者の秋山さん(アマチュア作品で編集者がいるってのも凄い話だ)が一言書いておられるように、リアリティと幻想の交わりがとてもうまく、わかりにくく、ともすれば難しく、けれど理解すればどちらの世界にも深く入り込まされる。読み終えたあと、もう1度読み返して、むむとうなってさらに読み返し、1人で脳内論議を行っていた。これは、本を日頃から全く読まない人は逃げ出してしまうのではないか? そういういみでは、初見殺しの、玄人好みなのかも。自分が玄人である気はさらさらないが、苦労はしたので。

ある大学院生の女の子が、久方ぶりに電話をかけてきた友人・佐野の電話に対応することから、物語は始まる。というか、それが始まりであり、幻想パートのスタート。区分けがしているのは、わかりやすさか。しかし、実は終わっているお話である現実が、最後には分かる。区分けはしてあるが、その意味を良い意味で壊してくれている。展開が実にうまく、幻想であるのに現実、現実であることが幻想、双方が入り混じる流れにうまく乗れると、とても面白い。しかし、拙い文章書きである私では、この展開を文章でしるし、さらに理解と共感を得るのはとても難しい。だって、脳内での妄想が必要だからだ。

だからパネルにして表してみた。

さのくん

俺、何考えてんだろう?でも、「さのくん、いまどこにおんの」が頭から離れない。


このお話は、難しい。けど、面白い。そもそも、簡単だから面白い訳でもない。

面白いから、難しかったり簡単だったりするだけだ、本でも人生でも。


楽しめるなら、そんな揺らぎも悪くない。読了。勝ってばっか妄想してすんません。



しかし、この本はすべてにおいて長くなる。まあ、4番目まで読んだのやけど……ぼちぼち、感想をまとめてあげていきつつ、最後まで読みますだおかだ。



つづく!



テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

Author:M
訪問いただきありがとうございます。

M×H.Pのツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。