FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回文学フリマ 読書感想文⑩ C-35・DAISY CHAIN制作委員会さん 『DAISY CHAIN vol.13』 その3

文学フリマで買った、『DAISY CHAIN制作委員会』さんの新刊感想をただ書くだけのもの、またまた久しぶりに更新。諦めてなるものか!!

「帰りの電車の中で読もう」と考えて鞄に入れて持っていき、ロッカーの中にしまっておいたら持ち帰るの忘れて家でも読めなくなるという事案が、片手で足りないぐらい発生したのが遅れた主原因。という、言い訳(笑)


(注=あくまで個人的感想です。また、作品のネタバレが普通に入っちゃいます。思いのまま書き記したいので推敲も行わないから、誤字・脱字があるでしょう。すべて含めて、こんなやつだとご了承ください)

第4話 オレンジ・アディクション 宮野繭子さん
=また個性的な文学が生まれたものだ。何かの嗜好に壁を感じることは、趣味から病理までさまざまなものであるが、この作品では心因性=心の病理性という観点をとりいれ、オレンジへの嗜癖をつなげ、主人公たちの動きに絡めている。しかし、言ってしまえばオレンジである部分は表現の上っ面でしかない。どちらから始まって、どちらから絡んでいるのかはわからないですが、1行目から嗜癖は進行しているのだから。
 この作品は、言ってみれば独白に近い。けれど、明け透けにはなれていない。慣れるのに必要な回数を、こなせずに生きてしまったのか……考えれば考えるほど、理解できない理解に痛む。もちろん、それだけハマっているのですが

主人公の女性は、ある時から頭がオレンジの男と夢で出会うようになる。不思議に思いながらも、彼女は普通の生活をこなす。その中、直近の後輩の男性社員がオレンジを食べないと落ち着かないという。不思議な接点を見出しながら、夢の中でまたオレンジ男とである女性。そして、後輩からある夢を見ていると告白される。それは、彼女が最初に出会って贈ったネクタイからの夢。それをきっかけに、男性は新たな道を探すという。女性は応援するように見送るも、その後の言動は不安定になり、やがてオレンジを食べなければ落ち着かなくなる。

ざっくり書くと訳がわからなくなってきますが(笑)、要は何かへの欲求願望が何かで呼び起されて、夢として自己暗示して求めようとする……それを、オレンジに嗜癖する現代病として表現しているのかな。オレンジであること、作中で出てくる心因性の病気として判定はともかく、彼女はかなり早い段階から、後輩に久方ぶりの求めていたものがあり、それが後輩からの夢の告白だけで終わったことに、それまでかわしていた思いがつぶれてしまった。そして、後輩が求めていたオレンジを求め、変わろうとしている……作中でも触れられてしまったが、確かにフランツ・カフカの『変身』を連想される、何とも言い難い変化の仕方だ。芋虫だろうがオレンジだろうが、人間をやめるほどの変化の先に、何があるのか? ただの逃避だろう。しかし、それでもよかった……オレンジ頭なら、見えないし、見られない。本当に、現代病だ。

 面白かったし、何よりも描き方が丁寧でよかった。これからもがんばって書いてもらいたい。できれば長いのを、もっとドロドロとしていってほしい(笑)


第5話 東京変化 瑞穂はじめさん
=「師匠、今回は短めの作品だなぁ」なんて思っていたが、内容は実に濃厚。いつもながら、取材量が多いのがよく見て取れて、おそれいる。ぼくにはとてもできない(遠い目)

かつての東京五輪開催前、国際舞台となる前に大きく変わりつつある東京で、その変化の波に飲み込まれていってしまった河童=水上生活者の姿を、ある事件から翻弄される人々の動きを軸に描いていくミステリー作品。

端的にいえば、そうなる。そして、この物語は過去の事件を筋書きにそっていくように調査していく、これまた独白的なストーリ。しかし、主軸となる水上生活者を女性として描き、その女性が勤めている民間貿易会社に入ってきた新入社員の女性、その二人の交流から物語が始まっていく……その描き方・テンポの良さ・時代考証と描写が巧みな文章がよく、刑事さんと同じく『2人』であると思い込んでしまった。
 ただ、それでも、刑事さんはもっと水上生活者の事をきっちり調べ上げれば、早くに怪しむことはできるのではないかと考えてしまった。だって、遅くとも気づけるということは、早くにも気づける。それが遅すぎたことへの筋書きが少し薄く、ち密な中で浮いてしまったかなと感じてしまったのが、ちょっと残念。最後も、書下ろし短編の終わりとしては弱いかも? やっぱり瑞穂さんは長編がいいっすよ、めっちゃ大変でしょうが(笑)

とにかく、関心と驚きに満ち、勉強になった作品でした。お疲れ様です。好き勝手言ってすいません!


第6話 漫画「娘」「K.N.K」 阿部ポリブクロウさん
=「娘」
「ナンの布団で眠りたいぜ オ~イエ~♪」
 娘よ、なぜ父のそんな替え歌を、古いと返せる!! あと、このおやじ! 前の漫画の電車の中にいた髪の毛がカレーになってるおっさんとほぼ同じじゃないか!? がっかりだよ! ちょっと絵がうまくなっている気がして、余計にがっかりだよ!! ストーリーは、気にならない!!!

(※=この人の作品における、がっかりだよ!はexcellent!と同じ評価です)

=「K.N.K」
この人、『HUNTER×HUNTER』が好きとみる。
序盤は(ある意味)まともだと思ったら、後半はやっぱりな世界観。私も昨日の土曜、日帰り出張で観光はいっさいできずに京都⇔新横浜間(朝6時半出発・帰宅21時)を新幹線で往復したから怒りはわかるが、高崎から4時間半もかかる上に電車とタクシー併用しないといけない場所って時点で、断れや!! ムキムキやないか!! 先読みと自意識にかける言動に、がっかりだよ!!! 最終ページのアフロ櫛君(仮)の顔、男前やなっ!!

まったく、楽しませるんだから!! おわり!!!






もう迂闊に感想書くなんていわねぇぞ!!










テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

M

Author:M
訪問いただきありがとうございます。

M×H.Pのツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。